賢いおまとめローンの選び方について

ローンにも様々な種類がありますが、おまとめローンも注目されているローンのひとつです。これはすでに複数の借り入れをしている人がその借金をひとつにまとめるためのローンとなっています。

利用するメリットとしては、複数あった借金をひとつにすることができますので、管理がかなり楽になり、多重債務の状態ではなくなりますので、精神的な負担も減らすことができます。さらに、借金は大きな金額を借りるほど低金利になる傾向がありますので、複数の借り入れで高金利で支払っていた場合は利息の負担をかなり減らすことができます。

毎月の支払の負担が減ることにより、さらに完済に近づけることもできます。デメリットとしては、借金をまとめると低金利となりますが、長期に支払っていくとなると、思いのほか利息の負担が増えることもありますので、返済計画はしっかり行なっておく必要があります。

それから、借金をひとつにまとめたあとは返済のみとなりますので、その後急な出費が発生した場合も追加で融資を受けることはできません。

さらに小額利用のフリーローンと比べると審査に時間がかかり、原則として保証人は必要ありませんが、審査の内容次第では保証人が必要になる場合があります。

35日サイクル制の返済の特徴とメリット

カードローンを利用すると当然返済期日が設けられますが、一昔前と違って返済期日に色々な日の中から選択できたり、自分の任意の日を指定できたりするようになりました。そして、最もユニークなものが35日サイクル制です。

35日サイクル制というのは最近では減りましたが、消費者金融のカードローンに多く採用されていた方法で、給料日後すぐではなく余裕を持たせた返済ができるようにするためのものでした。

35日サイクル制の返済期日は今回返済した日の翌日から数えて35日後が次回の返済期日になります。そして、35日サイクル制の特徴と言えるのが返済期日以内であればいつ返済しても良いことです。

一般的な指定日制の場合は通常、返済期日の10日ないし2週間前から当月分の返済の受付期間となりますが、35日サイクル制には返済期間というものが無く、今回分を返済した日の一週間後に次回分の返済をしても構いません。

35日サイクル制は指定期日制よりも返済期間が5日分長くなるので返済が楽と言えますが、逆に、5日分多く利息を取れることが消費者金融の狙いでもありました。

しかし、返済期日よりも早く返済することが可能であるため、返済期日を待たずに返済が続けられるのであれば、利息を大幅に削減することが可能になります。

自分の収入パターンに即して選択することが得策と言えます。